カテゴリー別アーカイブ: 頭皮ケア対策について

頭皮ケアが抜け毛予防のポイント!おすすめのアイテムまとめ

最近、抜け毛が増えてきと感じたら、何か手を打たないといけません。

ではどんな頭皮ケアをすればいいのか、どんな育毛剤を使えばいいのか、抜け毛予防のポイントを説明します。

抜け毛の原因を知って効果的な頭皮ケアを

効果的な頭皮ケアと抜け毛予防を行うためには、まず自分自身の頭皮の状態を知ることが大切です。

【頭皮にべたつきと赤い湿疹が出ている場合】

油脂が過剰で毛穴が詰まっている可能性があります。

毛穴を充分に洗浄する必要がありますが、洗浄力の強いシャンプーを使うのは厳禁で、マイルドな洗いあがりのアミノ酸系シャンプーが良いでしょう。

皮脂を根こそぎ取ってしまうと頭皮は乾燥してしまい、それをカバーするために更に過剰に皮脂が分泌されます。

シャンプーをする際には、まずシャワーで3分間しっかりとすすぐことが大切です。

毛穴に詰まっている皮脂がシャワーのお湯で緩み、洗浄しやすくなります。

シャンプー剤はあらかじめふわふわに泡立ててから頭皮につけ、やさしく揉みこんで3分泡パックしてしっかりとすすぎます。

【頭皮が乾燥し、かさかさのフケが出ている状態】

無理にフケを洗い落とそうと、ゴシゴシとシャンプーをしてはいけません。

3分間シャワーでしっかりすすいだ後、ふわふわに泡立てたアミノ酸系シャンプーを馴染ませて1分ほどで洗い流します。

最初のすすぎで頭皮の汚れの8割は落ちているので、泡によって優しく酸化した皮脂を軽く落とすだけで充分です。

頭皮に潤いをもたらすため、シャンプー後は早めに頭皮用の保湿剤を使用しましょう。

頭皮ケアにおすすめ抜け毛予防3アイテム

1.毛穴のつまりには、炭酸シャンプーがおすすめです。

市販されている無糖の炭酸のペットボトルを入浴時に湯船で軽く温め、シャンプー時にすすぎとして使用するのです。

炭酸のシュワシュワが毛穴のつまりを解消し、抜け毛を防いでくれます。

2.アミノ酸系シャンプーで頭皮をやさしく洗浄することが大切です。

洗浄力はあまり強くありませんが、そもそも頭皮の汚れはお湯で8割は落ちるのです。

汚れだけ落とし皮脂は奪わないことが頭皮環境を健やかに保ちます。

3.頭皮環境を整える成分が配合された育毛剤があれば、ケアも抜け毛対策も出来て一石二鳥です。

最近話題になっているキャピキシル育毛剤は従来のものと違って副作用が無く、一緒に配合されている成分は頭皮環境を改善してくれるものが多いです。

脱毛予防だけでなく、育毛も視野に入れたケアが半年後、一年後のヘアスタイルを左右します。

頭皮ケア&抜け毛予防を兼ねそえた育毛剤3アイテム

1.ザスカルプ5.0cは、キャピキシル5%と高濃度配合に加えて、様々な状態の肌のコンディションを整える発酵プラセンタエキスをはじめ、41

種類のケア成分が配合されています。
界面活性剤やシリコン、香料等の無添加も嬉しいところです。

2.フィンジアも同じくキャピキシル5%と高濃度配合で、更に浸透力を高めるカプサイシン、脱毛予防としてヒオウギエキス(イソフラボン)が配合されています。

これらの組み合わせは9割の被験者に効果があったという実験結果がでており、その半数以上が「人目で見て分かるほどに発毛した」とされています。

3.ポリピュアはキャピキシル育毛剤ではありませんが、国際特許のバイオポリリン酸という成分には保湿と育毛効果があります。

こちらも脱毛予防のヒオウギエキス、潤いを保つ低分子コラーゲンも配合されています。

抜け毛予防には、セルフケアと頭皮のメンテナンスが欠かせません。
しかし、セルフケアで出来ることには限りがあるのです。

ヘアサロンでのケアは時間的な制約を受けてしまいますが、育毛剤ならば自宅で気軽に脱毛予防と頭皮のメンテナンスができます。

脱毛に悩んでいるばかりでは、さらに進行してしまいます。

育毛剤の使用で、抜け毛防止に新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

抜け毛が気になる | 頭皮ケアに気をつけたいシャンプー選び

シャンプーを大まかに分けると3種に分類できます。

その3種類の中には、使うと抜け毛を悪化させてしまうものもあるので注意しなくてはなりません。

抜け毛・頭皮ケア対策にはどのシャンプーがいい?

【高級アルコール系シャンプー】

最も多く出回っており、安価で洗浄力が強いシャンプーです。

石油系界面活性剤が洗浄成分に使われており、硫酸やラウレス酸、ラウリル酸だその代表です。

ドラッグストアなどで詰め替え用が500円を切る価格のものはほとんど高級アルコール系といっても過言ではありません。

高級とは高品質という意味ではなく、炭素を多く含むことからこう呼ばれます。

洗浄力が強いのが特徴で、頭皮にとって必要な皮脂まで奪い去ってしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方は使用しないほうが良いでしょう。

刺激も強く、少量でもすすぎが不十分だった場合は頭皮の炎症を招く可能性があります。

頭皮ケアにはもっとも向いておらず、むしろ抜け毛を悪化させることのほうが多いといえます。

【石けん系シャンプー】

洗浄成分に石けんを配合しており、低刺激のため頭皮が敏感な方にも良いとされています。

しかし、石けんの性質上アルカリ性であることが多いため、髪のきしみやごわつきは切り離せない問題です。

泡立ちがわるいので、事前に洗顔ネットなどで充分に泡立ててからシャンプーするのがおすすめです。

洗いあがりのキシキシ感を軽減するために、シャンプー後は酸性のリンスでアルカリ性に傾いている髪の毛を弱酸性に戻さなければなりません。

【アミノ酸系シャンプー】

髪の毛や頭皮はアミノ酸(タンパク質)によって作られているので、アミノ酸系シャンプーは刺激も負担も少なく頭皮ケアにもっとも向いています。

洗浄力はやや弱めですが、必要な皮脂は残して洗浄するために頭皮の乾燥を防げます。

モンドセレクションで金賞・銀賞の連続受賞暦のあるマイナチュレシャンプーはアミノ酸系シャンプーの中でも幅広い世代の支持を得ています。

もちろん、頭皮に負担のかかるシリコンや紫外線吸着剤も不使用です。

シャンプーは髪の毛を洗うもの…ではなくて、本来は頭皮を洗うものです。

頭皮環境が整ってこそ抜け毛が減り、元気な髪の毛を生やすことが出来ます。

これでバッチリ! 頭皮ケア成分配合の育毛剤で抜け毛対策

シャンプーで基本的な頭皮ケアをした後は、育毛剤でもう一歩攻めの手を打つことで頭皮環境は大幅に改善します。

育毛剤というと薄毛で悩んでいる場合のみに使うものというイメージがあるかもしれませんが、実は抜け毛が気になりだした時点で使い始めるということはとても大切なのです。

頭皮ケアとしては、ピティオキシジルという成分による血行の促進で頭皮に充分な栄養と酸素を届け、その結果として毛乳頭が活性化して抜け毛を減らすことが望めます。

しかし、減らすだけでは進行を遅らせているだけなので、やはり発毛や育毛を視野に入れた頭皮ケアが必要です。

発毛・育毛成分として話題の的となっているキャピキシルは副作用が無く、抜け毛や薄毛のパターン、性別も問わないのでおすすめです。

頭皮ケア成分が充実している育毛剤は、ザスカルプ5.0cやフィンジア、ボストンスカルプエッセンスが有名です。

毎日のシャンプーは頭皮ケアの基本です。

洗えればいい、というものではなく、適切に洗うことが頭皮の環境を大きく左右します。

そして、抜け毛予防のためにぜひ頭皮ケア成分が豊富に配合されている育毛剤を使いましょう。

抜け毛を抜け毛で終わらせるのか、それとも放置して薄毛に進行させてしまうのかは、頭皮のケアをどれだけきちんと行うかで全く違ってきます。

シャンプーと育毛剤の組み合わせで、抜け毛のストレスと不安から開放されましょう。

抜け毛は育毛剤と頭皮ケアで改善しよう!

抜け毛の悩みの改善には、その原因を正しく把握して最も効果的な頭皮ケアを行う必要があります。

育毛剤を活用する場合もそれぞれの特徴を捉え、最も適したものを効果的に使用することが大切です。

抜け毛の量が増えてしまう原因

かみの毛はさまざまな理由により抜け落ちます。

日々ある程度の髪が抜ける状態が起こることは誰にもあるのですが、明らかに抜ける髪の量が増えたときには原因を知って適切な頭皮ケアを行う必要があります。

髪の毛と言うのはストレスに非常に弱いのですが再生能力が優れています。

例えばお産や抗がん剤の影響によって一時的に抜ける髪の毛が増えても、原因が取り除かれ時間が経過すれば元の状態に戻ります。

髪が抜けるそのほかの原因としては睡眠不足や喫煙による影響もあります。

また、急激なダイエットなどによって食事制限をすることで体調を崩すことも抜け毛の原因になります。

さらに、強いストレスを受けたときにも同様で、時に円形脱毛症などを発祥するケースもあります。

そのほかにも遺伝的な要素や生活環境などが引き金になって抜け毛がひどくなるなど、その理由はかなり多くの種類があります。

そして体の健康ととても密接な関係があるため、まずは体の不調を解消することに努める必要があります。

そして抜け毛と一口に言っても内的疾患によるものややけどやけがなどの外的な原因によるものを含めると、治療のために効果的な頭皮ケアも全く違ってきます。

抜け毛の悩みに効果的な育毛剤

抜け毛を改善するための頭皮ケアのひとつに育毛剤を活用することが挙げられます。

育毛剤には大きく分けると女性ホルモンを含むもの、毛細血管を拡張させる作用のあるもの、髪の毛を作り出す毛根部分に栄養を与えるものなどがあります。

近年ではある程度効果が認められているものが市販されるようになって来ましたが、自分で判断して数年間同じ種類のものを頭皮ケアとして使い続けていくと、効果が落ちてくる場合があります。

そのためひとつの育毛剤を長期にわたって使い続けるのではなく異なった種類の育毛剤に変えてみるといった工夫も時には必要になります。

抜け毛の症状に悩む人は多くの場合症状がゆっくりと均一に進むのではなく、ある時期に急激に抜け毛が進行してその状態がしばらく続きます。

一気に抜け毛症状が進行することがあったら、その時期を見計らって育毛剤を効果的に活用することで、症状の進行を抑える効果が期待できます。

自己流の頭皮ケアによって症状が悪化するようなら迷わず専門の医療機関を受診することがお勧めです。

医師に相談して自分の頭皮の状態を正確に判断してもらい、最も効果的に頭皮ケアを行うことができるのが最大のメリットです。