抜け毛が気になる | 頭皮ケアに気をつけたいシャンプー選び

シャンプーを大まかに分けると3種に分類できます。

その3種類の中には、使うと抜け毛を悪化させてしまうものもあるので注意しなくてはなりません。

抜け毛・頭皮ケア対策にはどのシャンプーがいい?

【高級アルコール系シャンプー】

最も多く出回っており、安価で洗浄力が強いシャンプーです。

石油系界面活性剤が洗浄成分に使われており、硫酸やラウレス酸、ラウリル酸だその代表です。

ドラッグストアなどで詰め替え用が500円を切る価格のものはほとんど高級アルコール系といっても過言ではありません。

高級とは高品質という意味ではなく、炭素を多く含むことからこう呼ばれます。

洗浄力が強いのが特徴で、頭皮にとって必要な皮脂まで奪い去ってしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方は使用しないほうが良いでしょう。

刺激も強く、少量でもすすぎが不十分だった場合は頭皮の炎症を招く可能性があります。

頭皮ケアにはもっとも向いておらず、むしろ抜け毛を悪化させることのほうが多いといえます。

【石けん系シャンプー】

洗浄成分に石けんを配合しており、低刺激のため頭皮が敏感な方にも良いとされています。

しかし、石けんの性質上アルカリ性であることが多いため、髪のきしみやごわつきは切り離せない問題です。

泡立ちがわるいので、事前に洗顔ネットなどで充分に泡立ててからシャンプーするのがおすすめです。

洗いあがりのキシキシ感を軽減するために、シャンプー後は酸性のリンスでアルカリ性に傾いている髪の毛を弱酸性に戻さなければなりません。

【アミノ酸系シャンプー】

髪の毛や頭皮はアミノ酸(タンパク質)によって作られているので、アミノ酸系シャンプーは刺激も負担も少なく頭皮ケアにもっとも向いています。

洗浄力はやや弱めですが、必要な皮脂は残して洗浄するために頭皮の乾燥を防げます。

モンドセレクションで金賞・銀賞の連続受賞暦のあるマイナチュレシャンプーはアミノ酸系シャンプーの中でも幅広い世代の支持を得ています。

もちろん、頭皮に負担のかかるシリコンや紫外線吸着剤も不使用です。

シャンプーは髪の毛を洗うもの…ではなくて、本来は頭皮を洗うものです。

頭皮環境が整ってこそ抜け毛が減り、元気な髪の毛を生やすことが出来ます。

これでバッチリ! 頭皮ケア成分配合の育毛剤で抜け毛対策

シャンプーで基本的な頭皮ケアをした後は、育毛剤でもう一歩攻めの手を打つことで頭皮環境は大幅に改善します。

育毛剤というと薄毛で悩んでいる場合のみに使うものというイメージがあるかもしれませんが、実は抜け毛が気になりだした時点で使い始めるということはとても大切なのです。

頭皮ケアとしては、ピティオキシジルという成分による血行の促進で頭皮に充分な栄養と酸素を届け、その結果として毛乳頭が活性化して抜け毛を減らすことが望めます。

しかし、減らすだけでは進行を遅らせているだけなので、やはり発毛や育毛を視野に入れた頭皮ケアが必要です。

発毛・育毛成分として話題の的となっているキャピキシルは副作用が無く、抜け毛や薄毛のパターン、性別も問わないのでおすすめです。

頭皮ケア成分が充実している育毛剤は、ザスカルプ5.0cやフィンジア、ボストンスカルプエッセンスが有名です。

毎日のシャンプーは頭皮ケアの基本です。

洗えればいい、というものではなく、適切に洗うことが頭皮の環境を大きく左右します。

そして、抜け毛予防のためにぜひ頭皮ケア成分が豊富に配合されている育毛剤を使いましょう。

抜け毛を抜け毛で終わらせるのか、それとも放置して薄毛に進行させてしまうのかは、頭皮のケアをどれだけきちんと行うかで全く違ってきます。

シャンプーと育毛剤の組み合わせで、抜け毛のストレスと不安から開放されましょう。