敏感な頭皮のケア | 抜け毛対策に育毛剤で注意すべき成分とは

頭皮の状態は、実はストレスと深い関わりがあります。

それは男女問わず言えることで、かといって現代社会で全くストレスを感じないなんて事は有りえません。

つまり、だれでも抜け毛や薄毛の可能性を秘めているということです。

そこで抜け毛対策に育毛剤を使用する際に注意することを紹介します。

自宅で出来る敏感な頭皮ケアで抜け毛対策

軽度なトラブルであれば、皮脂の過剰分泌によるニキビの様なものですみますが、悪化するとそれらが炎症を起こして毛穴をふさぎ、抜け毛や発毛障害を引き起こすのです。

皮脂の過剰分泌の反対で、皮脂が分泌されなくなる場合もあります。

頭皮の乾燥がすすみ、フケが発生して毛穴が詰まり、炎症や膿のようなものが出て脱毛や毛が細くなるといった症状が出てきます。

皮脂の違いがあってもどちらにも共通の頭皮ケアとして、シャンプー前に蒸しタオルで頭皮を温めるという方法をご紹介します。

ヘッドスパなどのプロによる頭皮ケアでは良く行われることで、自宅でも簡単に再現ができるものです。

水が滴らない程度にゆるく絞ったタオルをラップでふんわりと巻き、レンジのワット数にもよりますが大体1~1分半程度レンジで加熱します。
その蒸しタオルを頭に巻いて蒸らすのです。

温度は気持ちよいくらいにとどめ、決して熱さを我慢してはいけません。

蒸らすことで毛穴が開き、シャンプーで毛穴の汚れを落としやすくなりますし、血行が促進されるので抜け毛対策にもなります。

冬などは冷めやすいので、蒸しタオルの上から乾いたタオルを重ねて保温するのも効果的です。

頭皮ケアのつもりが…育毛剤の副作用に要注意

少し前まで主流だったミノキシジル育毛剤には血行を促進する作用があります。

ストレスによって萎縮している頭皮の血管はもちろん血流も悪く、その改善としては有効であるといえるでしょう。

しかし、副作用という問題があるのです。

すでに頭皮に何らかのトラブルが出ている敏感な頭皮の方は、特に注意が必要です。

ミノキシジル育毛剤の副作用としてよく上げられるのが「かゆみ」です。

湿疹が出ている、フケや膿のようなものが出ている状態では刺激から守るものがほぼ無い状態となります。

健康な頭皮の方ですらかゆみという副作用を感じる方がいる以上、敏感になっている頭皮には負担が大きすぎるのです。

育毛剤で脱毛対策をする場合は、まず頭皮ケアで異常が無くなってからにしなければなりません。

これで万全! 副作用無く抜け毛対策と頭皮ケアができる育毛剤

しかし、今一斉に注目を浴びているキャピキシル育毛剤では、まず副作用の心配がありません。

そのため、頭皮がよほどのコンディションでなければ即戦力として頭皮ケアに用いることが出来ます。

脱毛対策のひとつ先を行く発毛というステージのケア、そして頭皮のケアを同時に行えます。

また、ミノキシジルの血行促進効果はそのままに、かゆみや痛みといった副作用のほぼ無いものとして開発されたのがピティオキシジルという成分です。

ミノキシジルにはやや劣る面がありますが、敏感な頭皮にも安心して使えるのが嬉しいポイントです。

このふたつの成分は脱毛や薄毛の種類や原因を問わず効果があるので、自宅でできる頭皮ケアとしてとても効果的です。

抜け毛対策と頭皮ケア、これはどちらかだけ行っても結果には繋がりません。

まして敏感な状態の頭皮であれば、いたずらに自己流のケアを行うにも不安があります。

しかしキャピキシルやピティオキシジルの育毛剤を使っていれば、頭皮の環境は徐々に本来の姿を取り戻していきます。

健康に戻った頭皮には、育毛剤の効果で新しい毛髪が生えてくるように毛乳頭に成長因子がしっかりと送り込まれているので後は発毛を待つのみ。

豊かな髪の毛は、抜け毛や薄毛に悩んだストレスを解消してくれることでしょう。

敏感な頭皮の方こそ、適切な育毛剤による頭皮ケアが不可欠なのです。